子育て関連情報

妊娠・出産

 妊娠がわかってから、出産を迎えるまで不安はつきものです。あわてずに、無事出産を迎えるため役立つ情報をご案内します。

 父親になる男性も、妊娠中から積極的におなかの子にかかわって育児を始めてください。
 また、子どもが欲しく不妊に悩んでいる方の相談窓口等をご案内します。

妊娠がわかったら

pregnancy01 妊娠したことが分かったら、住所地の市町村役場に「妊娠届」を提出してください。届出をすると、「母子健康手帳」 が交付されます。「母子健康手帳」は、妊娠中や出産後に使用する、とても大切なものです。くわしくは各市町村役場にお問い合わせください。 妊娠がわかっ てから必要な手続きなどについて案内します。

いつ頃妊娠届を出すの?

 産科医療機関を受診して、妊娠が確認できたらできるだけ早く届出をします。詳しいことは、医師又は医療機関のスタッフに聞いてみてください。

妊娠届を出す時必要なものは?

 市町村によって必要なものや、受付時間等が異なりますので、一度お住まいの市町村の担当窓口に電話等で確認してください。

妊娠届を出すともらえるもの

 妊娠届を市町村の窓口に提出することにより、「母子健康手帳」や「妊婦健診受診票」等がもらえます。

母子健康手帳

 母子健康手帳は、妊娠届を市町村に提出すると渡されます。 出産までの妊婦の健康状況や出産時の大切な事項、お子さんの予防接種や成長状況等を記録することができます。

妊娠がわかったら・・・

 妊娠したことが分かったら、お住まいの市町村長に「妊娠届」を提出することにより渡されるのが母子健康手帳です。国籍や年齢に関わらず受けとることができます。

内容は・・・

 出産までの妊婦の健康状況やアドバイス、そして出産時の大切な事項(出生日や時間、病院の名称等)、お子さんの予防接種や成長状況等を記録することができるようになっています。

こんな時に必要です

 お子さんが健康診査、保健指導や予防接種を受けるときなどに必要になります。幼稚園や保育園、小学校等に入園・入学する際に使うことがあります。また、大人になってからも 、かかった病気や受けた予防接種の記録が残るので、大切に保管してください。

妊婦健康診査

pregnancy02 妊娠するとお母さんの体には色々な変化が起こり、おなかにいる赤ちゃんは、日々成長しています。お母さんの健康状態や赤ちゃんの状態など確認し、安心して安全に出産を迎えられるために、健診は必ず受けましょう。

妊婦健康診査は必ず受けましょう!

 妊娠の届出をすると、健康診査の受診票が発行されます。この受診票を使って、医療機関で健康診査を受診することができます。 健やかな妊娠と出産のために、健康診査は必ず受けましょう。
 市町村では、妊婦健康診査費用の一部を公費で負担しています。詳しくは、お住まいの市町村窓口へお問い合わせください。

保健指導

 県及び市町村では、保健師をご家庭に派遣して、妊娠中の過ごし方、出産の準備などについて、それぞれの状況に応じた方法で指導を行っております。 この訪問指導は無料で、ご本人の申し出のほか、医師からの紹介によっても行います。

両親学級

 市町村では、妊娠、出産や育児に関する、日常生活に必要な知識や技術を内容とした教室を開催しています。参加できるのは、妊娠した方と、その配偶者の方です。
 参加は無料です。

不妊対策

 長野県では、専門家による不妊相談の窓口案内や不妊治療費に対する助成事業を行っています。

     一人で悩まず、お気軽に相談ください。

ながの子ども・子育て応援県民会議
〒380-8570 長野県長野市大字南長野字幅下692-2 TEL:026-235-7207 FAX:026-235-7087
COPYRIGHT© 2016 ながの子ども・子育て応援県民会議 ALL RIGHTS RESERVED.
TOPへ戻る